第一部

第一部は光源氏の栄華達成の物語です。
数多くの女君との恋物語の果てに、光源氏は准太上天皇になります。

巻名をクリックすると、あらすじ詳細に飛びます。

巻数 巻名 あらすじ
1 桐壺 光源氏の誕生。桐壺更衣の死。藤壺の入内
2 帚木 雨夜の品定め。源氏、空蝉とちぎる
3 空蝉 源氏は空蝉と会えず、残された小袿を持ち帰る
4 夕顔 源氏は夕顔を連れ出すが、物の怪によって夕顔が死ぬ
5 若紫 源氏、紫上をかいま見る。藤壺は源氏の子を宿す。紫上を引きとる
6 末摘花 源氏、鼻の赤い末摘花と会う
7 紅葉賀 源氏は頭中将と青海波を舞う。藤壺は皇子を出産
8 花宴 源氏、朧月夜君と会う
9 朱雀帝譲位。車争い。葵上の死。源氏、紫上と結婚
10 賢木 源氏、六条御息所を訪れる。桐壺帝の死。朧月夜君との仲が発覚
11 花散里 源氏、花散里とちぎる
12 須磨 源氏、時勢が変わったため須磨に下る。暴風雨に遭う
13 明石 源氏、明石に移り明石上に会う。朱雀帝により召還
14 澪標 朱雀帝譲位。明石上、源氏と住吉で会う。六条御息所の死
15 蓬生 源氏、困窮する末摘花と再会する
16 関屋 源氏、空蝉と出会う
17 絵合 前斎宮が入内。源氏、絵の優劣を競い勝つ
18 松風 二条院東院の造営
19 薄雲 紫上、明石姫君を養育。藤壺の死。帝、実父が源氏だと知る
20 朝顔 源氏、朝顔斎院を訪れる。夢に藤壺が出現
21 乙女 夕霧の教育。夕霧と雲井雁の恋。六条院の造営
22 玉鬘 夕顔の遺児・玉鬘が源氏に引き取られる
23 初音 六条院の新春
24 胡蝶 春の御殿の舟楽。玉鬘に言い寄る人々
25 蛍火に輝く玉鬘の美しさ。夕霧、柏木のそれぞれの恋
26 常夏 無教養な近江君
27 篝火 篝火に照らし出される玉鬘の美しさ
28 野分 夕霧、紫上をかいま見る。源氏、夕霧の風のお見舞い
29 行幸 大原野の行幸。玉鬘の裳着
30 藤袴 夕霧、玉鬘に言い寄る。髭黒、玉鬘を慕う
31 真木柱 玉鬘、髭黒と結ばれる。髭黒の北の方、里へ帰る
32 梅枝 明石姫君の裳着。東宮の元服
33 藤裏葉 夕霧、雲井雁と結婚。明石姫君の入内。源氏、准太上天皇に

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2020 All Rights Reserved.