松風あらすじ

源氏物語・松風あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏31歳/紫上23歳/明石君22歳/明石姫君3歳/夕霧10歳
  • 場所:二条院/明石/大堰別邸

源氏物語の松風あらすじ・二条院東院の造営

秋、二条院の東院が造営され、源氏は西の対に花散里を、東の対に明石君を移そうと思った。
しかし、明石君は身分が低い自分がどのように待遇されるか不安だったため、東の対には入らず母の尼君と姫君とをつれて、父入道の大堰の別邸に移った。
源氏は紫上に明石君母子が上京したことをそれとなく伝え、口実を作って大堰を訪れた。
初めて対面した明石姫君の可愛らしさに、長い別居生活を悔やんだ。
源氏は明石姫君の将来のためにも、紫上の養女として二条院に引きとりたいと相談した。
紫上は明石君に対する嫉妬に苦しむものの、子ども好きのため明石姫君を養育することに同意した。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.