薄雲あらすじ

源氏物語・薄雲あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏32歳/藤壺36~37歳(死去)/紫上23~24歳/冷泉帝13~14歳/明石君22~23歳/明石姫君3~4歳/梅壺女御(秋好中宮)22~23歳
  • 場所:二条院/大堰別邸/宮中/三条宮

源氏物語の薄雲あらすじ・紫上、明石姫君を養育

冬の寒い日、明石姫君は二条院に引きとられた。
明石君は、姫君が紫上にかわいがられていると聞いて、安心した。

源氏物語の薄雲あらすじ・藤壺の死

翌春、太政大臣(葵上の父)が亡くなり、まもなく藤壺も重病で亡くなった。
源氏は泣き暮らした。

源氏物語の薄雲あらすじ・帝、実父が源氏だということを知る

ある夜、冷泉帝は僧都から、実父が桐壺院ではなく源氏であるという出生の秘密を聞き、非常に驚いて源氏に譲位しようとした。
源氏はそれを固辞した。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.