空蝉あらすじ

源氏物語・空蝉あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏17歳/空蝉?歳/軒端荻?歳
  • 場所:中川の紀伊守邸宅

源氏物語の空蝉あらすじ・源氏、空蝉に会えず

源氏は小君(空蝉の弟)の案内で紀伊守邸宅を訪れ、空蝉が軒端荻のきばのおぎ(空蝉の継娘)と碁をしている様子をかいま見た。
その夜、源氏は空蝉の部屋に忍び込んだが空蝉は薄衣を残して逃げ、源氏は軒端荻と一夜を明かした。
源氏は空蝉の残した薄衣(小袿)を持ち帰り、空蝉に歌を贈った。
空蝉は源氏との境遇の差を痛感して、悩み苦しんだ。

▼その後の空蝉登場巻


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.