若紫あらすじ

源氏物語・若紫あらすじ図解

源氏物語・若紫あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏18歳/藤壺23歳/葵上22歳/紫上10歳/明石9歳
  • 場所:北山/左大臣邸/三条/紫上邸/二条院

源氏物語の若紫あらすじ・源氏、紫の上をかいま見る

源氏は病気療養のため、北山きたやまの聖を訪ねた。
源氏が山中をそぞろ歩いている際に、小さな庵室で、美しい少女(紫上)を見つけた。
紫上は母が亡くなり、今は祖母の尼君と暮らしていた。
紫上は藤壺の姪だったため、源氏が恋い焦がれる藤壺の面影があった。
紫上の素性を知った源氏は藤壺の代わりとして引き取りたいと願うが、尼君は源氏の真意がわからず、また紫上が幼すぎるため承知しない。

源氏物語の若紫あらすじ・藤壺は源氏の子を宿す

源氏は北山から帰京し、王命婦(藤壺の侍女)の手びきで、病気静養のため三条宮に下がっていた藤壺と強引に契る。
源氏にとっては思い焦がれていた人との夢のような逢瀬だったが、なんと藤壺は桐壺帝の妃にもかかわらず、源氏の子(後の冷泉帝)を妊娠してしまう。
藤壺は苦悩し、源氏も深い罪におののいた。

源氏物語の若紫あらすじ・源氏、紫の上を引き取る

その年の秋、紫の上の祖母である尼君が亡くなった。
源氏は兵部卿宮の先を越して、まるで盗み出すように紫上を二条院に迎えた。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.