第二部

第二部は光源氏の晩年の物語です。
源氏と周囲の人々の苦悩が描かれ、源氏の最愛の妻・紫上が亡くなります。
源氏は出家の決心をします。

巻名をクリックすると、あらすじ詳細に飛びます。

巻数 巻名 あらすじ
34 若菜上 源氏、女三宮と結婚。明石女御出産。柏木、女三宮をかいま見
35 若菜下 冷泉帝譲位。紫上が重病に。柏木、女三宮と契り妊娠させる
36 柏木 女三宮、柏木との子を出産。柏木の死
37 横笛 柏木の一周忌。柏木遺愛の横笛を源氏が預かる
38 鈴虫 女三宮の持仏供養。源氏は女三宮と鈴虫の音を聞く
39 夕霧 夕霧、柏木の妻・落葉宮を引きとる。雲井雁は激怒
40 御法 紫上の法華経千部供養。紫上の死。源氏、悲嘆にくれる
41 源氏、紫上を回想。出家を決意
- (雲隠) 巻名のみで本文なし。源氏の死去

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2020 All Rights Reserved.