若菜上あらすじ

源氏物語・若菜上あらすじ図解

源氏物語・若菜上あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏39~41歳/紫上31~33歳/秋好中宮30~32歳/明石君30~32歳/明石女御11~13歳/女三の宮13(14)~15(16)歳/玉鬘25~27歳/夕霧18~20歳/柏木23(24)~25(26)歳
  • 場所:朱雀院/六条院

源氏物語の若菜上あらすじ・朱雀院、女三の宮を源氏に託す

年末に女三の宮の裳着の式が盛大に行われ、その3日後、朱雀院が出家した。
朱雀院は女三の宮の行く末を思案し、源氏に託した。
源氏はやむをえず引き受けた。
源氏から女三の宮との結婚を打ち明けられた紫上は動揺するが納得する。

源氏物語の若菜上あらすじ・源氏、四十の賀

翌年の正月、源氏の四十の賀が催され、2月には女三の宮が六条院へ移った。
その後、紫上は一人寝の夜が多くなった。
その月、朱雀院は西山へ移った。
源氏は女三の宮の幼さに失望し、改めて紫上の真価を思った。

源氏物語の若菜上あらすじ・明石女御の出産

翌年3月、明石女御は男の子(後の東宮)を産んだ。
明石入道はこれで宿願を果たし、深山に隠遁した。

源氏物語の若菜上あらすじ・柏木、女三の宮を垣間見る

その月、六条院で蹴鞠が催された。
たまたま走り出た猫の綱がからまって御簾が引き上がり、柏木は美しい袿姿の女三の宮を垣間見てしまう。
柏木はその夜、小侍従を介して、女三の宮に切なる思いを手紙で伝えた。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2020 All Rights Reserved.