若菜下あらすじ

源氏物語・若菜下あらすじ図解

源氏物語・若菜下あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏41~47歳/紫上33~39歳/明石君32~38歳/秋好中宮32~38歳/玉鬘27~33歳/柏木25(26)~31(32)歳/夕霧20~26歳/雲井雁22~28歳/女三の宮15(16)~21(22)歳/明石女御13~19歳
  • 場所:六条院/宮中/住吉神社/一条落葉宮邸/致仕大臣邸

源氏物語の若菜下あらすじ・冷泉帝の譲位

冷泉帝が譲位し、今上が即位して4年間が経った。
東宮には明石女御の皇子が立ち、太政大臣(もとの頭中将)は隠居し、髭黒は右大臣に、夕霧は大納言兼左大将に昇進した。

源氏物語の若菜下あらすじ・源氏、住吉に参詣

10月、源氏は紫上や明石女御などを連れて、住吉明神に参詣した。
まもなく女三の宮は二品に叙された。

源氏物語の若菜下あらすじ・紫上、重病に臥す

翌年の正月、六条院で女楽が行われたが、その後紫上は重病に付し、二条院に移った。

源氏物語の若菜下あらすじ・柏木、女三の宮と契る

柏木は女二宮(落葉宮)と結婚したが、蹴鞠の日に見た女三の宮が忘れられず、賀茂の斎院の御禊の前日、小侍従を介して女三の宮と会い、許されぬ契りを結んでしまった。

源氏物語の若菜下あらすじ・女三の宮、柏木の子を宿す

やがて女三の宮は妊娠した。
源氏は不審に思ったが、ある日柏木の手紙を発見し、すべての秘密を知った。
そして、かつて源氏も藤壺を妊娠させたことを回想し、宿命の恐ろしさにおののいた。

源氏物語の若菜下あらすじ・柏木、病に臥す

六条院で朱雀院御賀の試楽が催された夜から、柏木は病床に臥した。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.