柏木あらすじ

源氏物語・柏木あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏48歳/紫上40歳/柏32(33)歳(死去)/玉鬘34歳/夕霧27歳/女三の宮22(23)歳/明石女御20歳/薫1歳
  • 場所:致仕大臣邸/六条院/一条落葉宮邸

源氏物語の柏木あらすじ・女三の宮の出産

翌春、女三の宮は男の子(薫)を産み、父朱雀院に哀訴して出家した。
帝は柏木の重病をあわれみ、権大納言に叙された。

源氏物語の柏木あらすじ・柏木の死

柏木は見舞いにきた夕霧に秘密を打ち明け、源氏の許しを乞い、落葉の宮の行く末を頼んで亡くなった。
4月、夕霧は落葉宮を訪ね、柏木をしのんだ。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.