御法あらすじ

源氏物語・御法あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏51歳/紫上43歳(死去)/夕霧30歳/明石上42歳/明石中宮23歳/秋好中宮42歳/薫4歳/匂宮5歳
  • 場所:二条院

源氏物語の御法あらすじ・紫上の法華経千部供養

紫上は大病以来日ましに衰弱した。
紫上は出家を願ったが、源氏は許さなかった。
3月10日、紫上は二条院で法華経千部の供養を行った。

源氏物語の御法あらすじ・紫上の死

紫上の容態が急変した。
8月14日の晩、源氏と明石中宮に見守られながら紫上は静かに息を引きとった。
源氏は悲嘆に明け暮れ、出家の志を固めた。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.