第三部

第三部は光源氏の死後、薫と匂宮の恋物語が中心となります。
人の悲しみや絶望を深く見つめる物語です。

巻名をクリックすると、あらすじ詳細に飛びます。

巻数 巻名 あらすじ
42 匂宮 薫と匂宮は香を競い合う
43 紅梅 真木柱の再婚。匂宮、継姫君を望む
44 竹河 薫、大君に想いを寄せる
45 橋姫 薫、2人の姫君(大君と中君)をかいま見。薫、出生の秘密を知る
46 椎本 匂宮、宇治を訪れる。薫、大君に心中を明かす。匂宮、縁談を断る
47 総角 大君、薫になびかず。匂宮、中君と契る。大君の死
48 早蕨 中君、匂宮によって二条院に迎えられる
49 宿木 匂宮、六君と結婚。薫、大君に似た浮舟を知る。薫、女二宮と結婚
50 東屋 浮舟、二条院に移るも匂宮が言い寄るため宇治に移る
51 浮舟 匂宮、浮舟と契る。浮舟、死を決意
52 蜻蛉 浮舟、行方知らずになる
53 手習 浮舟、僧都に発見され小野に移る。浮舟、出家する
54 夢浮橋 薫、浮舟の生存を確認。浮舟、下山を拒む

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2020 All Rights Reserved.