匂宮あらすじ

源氏物語・匂宮あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:薫14~20歳/匂宮15~21歳/夕霧40~46歳/秋好中宮52~58歳/女三宮35(36)~41(42)歳/明石君52~58歳/明石中宮32~39歳/雲井雁42~48歳
  • 場所:二条院/六条院/三条宮

源氏物語の匂宮あらすじ・薫と匂宮

源氏の死後、源氏に代わる人として薫(母は女三の宮)と、匂宮(母は明石中宮)とが、すぐれた人として噂されていた。
薫は女三宮のもとで成長、侍従から右近中将になった。
匂宮は紫上の遺言により二条院に住み、元服して兵部卿宮と称した。

源氏物語の匂宮あらすじ・香を競い合う二人

薫は衣に妖しい香がただよい、真面目さの中にどことなく暗い影を宿していた。
また薫は自分が本当に源氏の実子なのか不審を抱いていた。
一方、匂宮は明るく社交的なプレイボーイで、薫に対抗して衣に香をたきしめていた。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.