手習あらすじ

源氏物語・手習あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:薫27~28歳/匂宮28~29歳/浮舟22~23歳/中君27~28歳/明石中宮46~47歳/夕霧53~54歳
  • 場所:宇治院/小野

源氏物語の手習あらすじ・浮舟、発見される

そのころ、初瀬詣での帰り、急病の母尼を看病するため、横川僧都が宇治院に立ち寄った。
その後、弟子の阿闍梨が院の森かげで倒れている浮舟を発見した。

源氏物語の手習あらすじ・浮舟、小野に移る

浮舟は僧都たちにつれられて小野に移った。
妹尼はなき娘の生まれ変わりと思って、浮舟の世話をした。

源氏物語の手習あらすじ・浮舟の出家

浮舟は、尼たちの不在中、訪れた僧都に懇願して、剃髪した。
一方、薫は浮舟の噂を聞き、夢かと驚き、小君(浮舟の弟)をつれ、横川へ出かけた。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.