行幸あらすじ

源氏物語・行幸あらすじ図解

源氏物語・行幸あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏36~37歳/玉鬘22~23歳/夕霧15~16歳/冷泉帝18~19歳/紫上28~29歳/髭黒31(32)歳
  • 場所:六条院/都大路/三条宮/内大臣邸

源氏物語の行幸あらすじ・大原野の行幸

12月、玉鬘は大原野の行幸を見物し、実父の内大臣をはじめて見た。
源氏そっくりの美しさを持つ冷泉帝に心ひかれ、宮仕えをする気持ちに傾いた。
行列の中に髭黒大将もいたが、黒く髭の濃いその人を見て、玉鬘は親しめないものを感じた。

源氏物語の行幸あらすじ・玉鬘の裳着

翌年、源氏は玉鬘の裳着(成人式)をするにあたり、内大臣に玉鬘の素性(夕顔と内大臣の娘であること)を明かした。
源氏と内大臣はライバル同士ではあるが、亡き葵上(源氏の妻・内大臣の妹)の義兄弟の関係でもある。
内大臣は成人した玉鬘を見て涙を流した。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2019 All Rights Reserved.