藤裏葉あらすじ

源氏物語・藤裏葉あらすじ図解

源氏物語・藤裏葉あらすじ図解

参考

  • 人物の年齢:源氏39歳/夕霧18歳/雲井雁20歳/紫上31歳/明石君30歳/明石姫君11歳/朱雀院42歳
  • 場所:六条院/極楽寺/内大臣邸/宮中/三条宮

源氏物語の藤裏葉あらすじ・夕霧、雲井雁と結ばれる

3月20日、大宮の一周忌が極楽寺で行われた時、内大臣(もとの頭中将)は夕霧にはじめて親しい言葉をかけた。
4月上旬、内大臣邸で藤の宴が催された時、内大臣は二人の仲を許した。
その夜、夕霧は雲井雁のもとに泊まり、長年にわたった恋が実を結んだ。

源氏物語の藤裏葉あらすじ・明石姫君の入内

その月の下旬、明石姫君が入内した。
その時、紫上ははじめて明石君に会った。

源氏物語の藤裏葉あらすじ・源氏、准太上天皇になる

秋、源氏は太上天皇に准ぜられ、内大臣は太政大臣に、夕霧は中納言に昇進した。
10月下旬、冷泉帝と朱雀院が六条院へ行幸した。


<<前へ目次次へ>>

更新日:

Copyright© 源氏物語のあらすじ , 2020 All Rights Reserved.